沖縄県高校野球秋季大会~連続初戦勝利記録

大会連続初戦勝利といえば、明徳義塾の甲子園20大会連続初戦勝利が有名ですね。

 

 

そこで沖縄県高校野球秋季大会でも調べてみました。

本土の私学と違い、10年や20年と長い間、同じ監督が同じ高校を務めてきたのは、沖縄県ではただ1校。
(現在は八重山商工の伊志嶺監督が最長、そして比嘉監督、我喜屋監督と続きます)

それ以外の高校は、5~7年ほどで変わっていく公立校や私立校が珍しくありません。

年々、選手たちが変わっていく中で、

連続初戦勝利を続ける高校がこんなにもあるとは、調べてみて正直ビックリしました。

ではその記録をまとめた表をどうぞ。

沖縄県高校野球秋季大会の記録~連続初戦突破記録

沖縄県高校野球秋季大会の記録 
年度中部商豊見城首里興南沖縄水産沖縄尚学
1951
1952
1953●1-3 那覇
1954○12-4 知念
1955○6-3 沖水
1956○20-2 沖水
1957○10-0 沖水
1958○6-5 沖縄工
1959○13-2 沖水
1960○7-0 中央
1961○9-5 糸満
1962○6-2 沖縄工
1963○4-3 沖縄
1964○12-0 普天間
1965○14-3 小禄
1966○10-0 北部農
1967○9-1 北山
1968○1-0 那覇商
1969○10-5 名護
1970●2-3 浦添
※16年連続
年度中部商豊見城首里興南沖縄水産沖縄尚学
1971●6-14 那覇
1972○17-5 辺土名
1973○10-0 南部工
1974○9-1 北山
1975○3-0 南部農
1976○6-2 沖水
1977○15-1 前原
1978○3-1 中部工
1979○5-2 八商工
1980○5-0 糸満
1981○5-4 石川●6-7 知念
1982○7-4 コザ○8-0 浦添
1983○9-4 中部商○9-1 宮古
1984○12-2 西原○7-0 石川
1985○10-0 浦添工○7-0 南部工
1986○7-0 宮古○13-2 糸満
1987○11-5 北山○8-2 具志川
1988○18-0 北山○13-1 中部商
1989○10-3 南部工○3-2 中部商
1990●4-9 美里工
※18年連続
○15-6 コザ
年度中部商豊見城首里興南沖縄水産沖縄尚学
1991○9-4 宜野座
1992○6-1 那覇
1993○11-4 普天間●7-8 宜野座●14-15 コザ
1994○3-1 前原○10-1 北中城○18-1 中部工
1995○9-0 知念○10-0 北谷○16-0 南部工
1996●3-5 石川
※14年連続
○4-1 宮古○4-0 豊見城
1997○11-0 辺土名○5-1 北中城
1998○29-0 久米島○12-4 浦添商
1999○8-0 南部農○9-0 糸満
2000○6-0 豊見城○13-0 西原
2001○4-0 八商工○15-0 北部工
2002○7-4 普天間○17-1 与勝
2003○5-3 八重山○8-0 北中城
2004○11-4 美里○12-2 前原
2005○13-0 久米島○6-0 北山
2006○8-3 辺土名不出場
2007○16-0 昭薬附○11-0 コザ
2008不出場
○5-0 球陽
2009不出場○2-1 南部商●2-4 小禄
※14大会連続
2010●6-8 浦添商
※15大会連続
年度中部商豊見城首里興南沖縄水産沖縄尚学
2011
2012
2013
2014
2015※20大会連続
継続中
2016
2017
2018
2019
2020
※沖尚の次は、小禄の12年、沖水の11年、宮古と浦添商の10年となる
沖縄県高校野球秋季大会での連続初戦突破記録を集めてみました
1951年(第1回大会~)

中部商の記録は表の一番上の中部商の名前をクリックするか、中部商の連続初戦勝利記録からどうぞ。

アイランドスタジアム記録室では、大会前にエントリーしなかった場合やエントリーしてても直前に辞退した場合の大会を除いています。

その年の大会は不戦敗とはいえ、実質戦っていないからです。

ですから連続年数(豊見城の18年連続など)と、連続大会(中部商の20大会連続など)というようにしつつ、同一の土俵で比べています。